損益分岐点をさける

アドベンチャーの世界 > レア情報 > 損益分岐点をさける

損益分岐点をさける

PCの画面の前に座り、いつも上下している為替レートを見ていると理由無く売り買いをしたくなるという感情が生まれる場合も少なくないと思います。

http://maruta.be/mzta

だがしかし、ぼんやりした思いで売買することだけは、絶対に避けてほしい。

事実、外国為替市場は24時間為替市場が動いているし、為替レートも常に、変化しています。

しかしながら、頻繁に取引を重ねているとその分損をする率が増します。

無論、取引の数を積み重ねる事でトータルで勝つ確率か五分五分になっていくのは事実です。

 

しかし「ぼんやりとした思いつきで売り買い」してしまうこととは別の話だ。

 

トレード回数を積み重ねるということは、自ら「ここは勝てる」と思える確信を得られた場面での売り買いの回数を増やすという意味である。

 

ただ、売買を重ねるのとははっきりと違います。

 

為替相場の戦いに敗北しないためには自ら深く考えてけじめをつけることが大事です。

 

「ここはいける」と感じた外国為替相場の時には、覚悟を決めて所持ポジションを買い増して、思い切り儲けを追求する。

 

「明らかに難しい為替相場でどう上下するのかわからないな」と思ったならば、潔く保持ポジションをひとつ残さず閉じて何もせず静観します。

 

そのくらいのリズムをつけた方が最後には取引はうまくいきます。

 

相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

外国為替相場とは、いついかなる時でもポジションを持っていることが重要ではなく、どの売買ポジションも所持せずじっと待っている事も事態によっては取引です。

 

それでは、どのタイミングで、休むといいのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述したように、これから先の市場が明確に理解できない時です。

 

これから上がるのか下がるのか判断できない時は思いつきで行動すると、自分の作り上げた筋書きとは逆の方向に相場が動いてしまい、損をする事になります。

 

だから、そうした場面ではポジションを0にして、そのまま様子をみるのが最良の方法です。

 

ふたつめは、己の体の具合がすぐれない時。

 

体の状態と為替相場に関係性はないと思う投資家もいますが思いのほか関係あります。

 

体の状態が思わしくなければ、外国為替市場の重要なところで正確な決断を下すことができません。

 

興味がわかない時は、FXから遠ざかる事も大切な事です。

 



関連記事

  1. 多少の上げ下げ
  2. 損益分岐点をさける
  3. ナンピンの仕組み
  4. スプレッドの差額について